忍者ブログ
ゴチョウのブログ
自己紹介
後鳥亮介
後鳥 亮介

ごちょうです。
indigo la Endでベースを弾いています。
10月7日生まれ、北海道音更町生まれの音更町育ち(ちょい釧路)。
漫画と映画と小説とアニメが好きです。
好きな麺は蕎麦
好きな串揚げは蓮根。
好きなうまい棒は牛タン塩味。
娘はいませんけどお父さんと呼ばれます。どんとこい。

ゴチョウへのお問い合わせ、メッセージ、感想等はmiricat07●gmail.com(●を@に変更)かコメントかtwitterでお願いします。
twitter
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[02/07 かし]
[10/20 moe]
[09/27 ごうこ]
[09/19 saaya]
[09/17 YUKI]
ブログ内検索
バーコード
忍者アナライズ
プロフィール
HN:
後鳥 亮介
性別:
男性
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/08/20(Sun) 18:48:00
眼鏡を長いことかけていると時々強く思うことがあります。

もしも、突然、世界が荒廃してライフラインが断絶した場合、眼鏡ってかなりの弱点になるな、と。
僕は正直裸眼でも日常生活がまあまあできるくらいの視力だけど、眼鏡外したら目が「3  3」みたいになっちゃう人や、
「メガネ、メガネ、、、!」ってなっちゃう人は、もし、手持ちの眼鏡を失ったらもう戦闘力とか生活力は激減です。
もし、こうさ、戦いになってもさ、遠くから来た人が敵か味方かわかんないし、ひどいと移動さえ困難なわけだよ。
大変。

そうです、しかも荒廃した世界では眼鏡を新しく作ることさえもままならないのです。
そこで眼鏡の人々は考えました、眼鏡人でコミュニティを作ろう、と。
眼鏡同士で徒党を組んだ「チーム眼鏡」達は勢力を増し、やがて「チーム眼鏡」同士の激しい抗争が始まります。

そうです、かの有名な「眼鏡狩り」です。
激しい戦いに疲れた人々はこう思うのです。
「もともと使ってたあの眼鏡をかけたい、、、もっと大事にしていればよかった、、、、。」と。

この話を先日、撮影中に眼鏡っこのスタイリストさんと、裸眼のカメラマンさんに話したら意外に(俺が)盛り上がったんですけど。

最終的に「後鳥さん、まあまあ変態っすね」という結論に至りました。

間違いないと思います。

あと、目が悪くて相手の顔が認識できない時に、想像力と洞察力でおぎなうということから、世界が荒廃した場合、目が悪い人はみんな想像力豊かなアーティスト等、眼鏡をまだ持ってる人は技術職等、裸眼の人は農業や工業、アスリート、パイロット等という風に視力によって職業がわかれていくのでは。
という話もまあまあ盛り上がりました。(俺が)

最終的に「後鳥さん、変態っすね」という結論に至りました。

間違いないと思います。

100%妄想なので、とりあえずお手元の眼鏡とかを大事に生きていきましょう。
あと、CDとかワンマンツアーの先行予約とか、そういうものも大事に元気で生きていくと素敵だなあと思います。僕もうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

eplus.jp/ile2015/

ああ、くだらないこと書くの楽しい。
PR
2014/11/08(Sat) 11:32:47
ワンマンツアーが終わりました。
前回のツアーが終わった時はなんだか凄い寂しかったんだけど、今回は幸せな気持ちの方が大きいよ。
絵音君も言ってくれたけど、各地のみんなの前でメンバーになったことを報告して、それをおめでとうって言ってもらえることは本当に嬉しいことでした。

今回のMCでも言ってた、5月のクアトロワンマンの「後鳥さん、もうメンバーでいいんじゃないかな?」→「後で話そう」→「ボキッ(心の折れる音)」には理由があるんだ。
みんなは「断られて心が折れた」って言ってたけど違うんだ、ごめんね。

前、ブログにも書いたけど、その言葉めちゃくちゃ嬉しかったんだよ。
ただあまりにこう、、、唐突過ぎて色んなこと考えちゃったんだよね。大人も沢山見てるしさ、スタッフだって、なんなら他のメンバーだってなんも聞いてないはずだしさ。
ここで勢いで言っちゃったら後で色々な人に迷惑かかっちゃうんじゃとかさ、メンバー増えたら、現メンバーになんか迷惑かかっちゃうんじゃないかとかさ。
ただ、何より絵音君がそんなこと考えてたなんて本当に驚いた。そして嬉しかった。
その後、ティス君も「入っちゃえば良いんじゃないっすかぁ?」って、なんだよ、そこも適当かよ。嬉しかった。
ユウスケはうなずきながらニコニコしてたな、チキンラーメンばっか食ってないで、野菜食えよ。嬉しかった。

だからさ、本当は泣きそうだったんだ。その全部であの時言えたのは「後で話そう」が精一杯だったんだよね。

その後、あんな大告白してくれたんだから次は絶対に自分からメンバーにしてほしいって言おうって決めて、自分もいつ言おう言おうと迷ってたときにあの楽屋で「4人で他愛もない話してるの楽しいなあ」と思ってたらふと言っちゃったんだよね。
でもすごいんだぜ、マネージャー達に「入っても大丈夫ですか?」って聞いたら、メンバーにも言ってなかったけど「もうすでに上に許可はとってあるから」ってさ。
なんだよ、どんだけいいチームだよ。
いつも本当にありがとうございます。感謝してます。
ああ、また真面目になっちゃったよ。

そうだよ、そうなんだよ、「ハートは4つ」無事終了して、「今回は行けませんでした」とか「ファイナル行けませんでした」とか「受験とか色々で参加できませんでした」とか言うけど違うよ。
各会場来てくれたみんな、来たいと思ってくれたみんな、CD買ってくれたみんな、あとはスタッフ、そして、もちろんメンバー。
みんながいてこそのツアーだと思うし、みんなで作ったツアーなんだよ。
だってさ、見た?
アンコール最後の緑の少女の時、みんなすげえ笑顔だったんだよ?キラキラだったんだよ?
なんだよそれ、めちゃくちゃ幸せだったよ。

だからやっぱりハートは4つだったけど、きっとみんなの数だけあるし。
これからもきっと増えていくし、ハートは無限大だと僕は思っています。
たくさんもらって返しきれるかな、ありがとう。がんばるよ。

あれ、またなんか沢山書いちゃった。
ということで、まずは僕らが出来るお返し。
12/24 2ndシングルの「さよならベル」をよろしくお願いします。
例のごとく、カップリングも最高です。

毎日生き抜いてまた元気で会おうな。
いつもありがとう。
2014/10/27(Mon) 11:50:57
また一つ区切りということで。
たまには140文字とかじゃなくて長い文章も書いてみたいと思います。
もうほぼ思いつきで書いているので読みにくいだろうし。
途中で飽きたらやめます。

さて、日付変わって明日、9/22(月)。
indigo la Endのメジャー1stシングル「瞳に映らない」の入荷日です。
ややこしい話なんだけど、発売日が9/24(水)、通常はその前日の23日(火)がお店に入荷される入荷日なんだけど、23日が祝日なので、入荷日は22日、日付変わって明日となります。
ああ、ややこしいよ入荷日。
入荷日ってこんなに沢山入力したの初めてだよ、入荷日よ。

indigo la Endというバンドは前作「あの街レコード」で今年の4/2にメジャーデビューしたのだけど、今作が僕にとってindigoの音源で初めてベースを弾いた作品です。
いわば、9/24が僕のメジャーデビューの日です。
みんな言ってるようにメジャーっていうことに特別な思い入れは無いし(全く無いといったら嘘になるけど)、何も変わらないんだけど、
僕なり今までやってきた日々とこれからの日々への覚悟と決意を込めています。
誰にも言ってないけど。

レコーディングもとても楽しかったなあ。
突然出された難問と時間かけながら格闘したり、夜中の夜中にベースまるまる取り直したりさ。
ああなんかすごい遠い過去のようだけど思い出してきた。
ちょっとベース弾いてプレイバック確認中にtwitter開いたらさ、絵音君が「後鳥さんベース上手いなぁ、レコーディングしながら改めて。」とか書いててさ、嬉しかったよ。
なんだよこいつ。隣にいるんだから俺に直接言えよとか思ったけどさ。
俺がハマってたら「これ貸します」って譜面台にYUKIさんの写真集持ってきてくれたティス君とかさ、なんだかんだいってあいつが一番優しいよ。
人に見られると力ができないって言われたユウスケはずっとドラムセット毎、暗幕で囲まれてて、姿見えなかったけど。
ねえ、ユウスケ、ちゃんといる、、、?
ミックス確認で鳥肌たって曲が流れ終わった後、みんなが嬉しそうな興奮したような顔してたのも思い出した。

そんなこんなでこの3曲(街路樹は再録なので。もちろん大好きな名曲です。)はあの時の僕のすべてです。
と、ここまで大げさに書いてアレなんだけどどの曲も肩肘はらずに自由に楽しんでくれたらとても嬉しいです。

ああ、そうだ。
まあさっき関係ないって言ったけど、ラジオやテレビで曲を流してもらって、それを聞いてくれる機会が増えることが純粋に多くなったことが嬉しいです。
色んな人に感謝です。ありがとうございます。
こないだ、地元で初めて組んだバンドのメンバーに誕生日おめでとう、ってメールしたら「こちらこそ夢をありがとう。自分のことぐらいに嬉しかったよ。今もラジオであなた!あなた!ってかかってるよ」って言われたときは泣きそうになったよ。
うるせえよ。お前の誕生日だろ。おめでとう。
こんな風に遠いところまで届くのは嬉しい。
仕事中とか家事しながらとか、どっか出かけてるときに有線やラジオから曲が流れてさ、あいつとかあの子とか、あと、もちろんこれを見てくれてるみんなが聞いててくれたらそれも嬉しいな。

ということで「瞳に映らない」よろしくお願いします。
可愛がってやってください。
そして23日(火)からはワンマンツアー「ハートは4つ」。
メンバーとして初めて一緒に回るツアーですどうぞよろしく。
まだ名古屋、岡山は間に合うみたいので迷ってる人はぜひ遊びに来てください。

ああ、文章書くの楽しい。
2014/09/21(Sun) 12:03:00
なんとなく思い立ったのと、昨日のリハ中に「4人で下北沢で初めて会った時の話」をしたのもあってブログを書いてみようと思いました。
なんとなく区切りとして。長いかも。

始まりはある日突然、twitterのDMでユウスケから「最近どんな活動してますか?ベース弾きませんか?」というような連絡をもらいました。
「特に何もしてないよ。」みたいなことを返して、じゃあ一回話しましょうみたいな感じに。

DMでメールアドレスをやりとりして、下北沢の駅前で待ち合わせ。
人見知りなので「やっぱ帰ろうかな」と2、3回思ったのを今、これ書きながら思い出した。

帰るのを踏みとどまって、絵音君とユウスケと合流。
何度か対バンしたこともあったけど、そこまで詳しくお互いのこと知らなかったので、
まずは「このドラムの人、、、あんなにしっかりしたメールとか対応だったのに実物はニコニコしてて喋らねえし、なんか挙動不審じゃね?」と思ってたら
絵音君が「実はあのメール、俺のアドレスで俺が送ってたんですよ!」という謎のカミングアウトで納得。いまだに思うけどあれなんで隠してたの?
そして、今でも忘れない。ティス君との初対面。
待ち合わせ時間に遅れて登場したのに謝りもせず、マスクで「うぃっすぅ、、。」とか言ってて、「なんだこいつ、、、」って思いました。
※昨日この話をしたら「俺、第一印象の悪さには定評あるんで!!」とドヤ顔で謎の自慢をされました。

そんなこんなで下北沢のファーストキッチンで話して、このどこか不思議な3人と一緒に演奏することになり。
一緒にやってくうちにこの3人のことが大好きになりました。

絵音君はもうみんな知っての通りすごいやつだよ。
すごいとこたくさんあるけど、中でも人の良い所見つけたり引き出してくれるところがすごいと思う。
あとね、口悪いけど、意外と優しいとこもすごいよ。
口悪いけど。
これからも演奏はもちろん、精神的にも力になれたらいいな。
ティス君はアレだよ、発言適当だけど。
ギターはもう聴いての通り最高だし、たぶん一番 indigo la End っていうバンドの事を愛してるんだと思う。
僕はあるときから誰よりも彼のためにインディゴでベース弾いていこうって思ってました。
今もそうだけど。
ユウスケは散々みんなにいじられてるし、うまくしゃべれないけどみんなのこと慮って、色々なこと考えたり、プレイしてると思う。
いないと成立しないって意味では誰よりも一番だと思うし。
みんなユウスケ大好きだもんな。
あと、野菜食えよ。

そうだよ、メンバーもそうだけど。
なんならインディゴチームは本当にいいチームだよ。
スペシャのマネージャーやイベンターさんや、unBORDEのスタッフも。
時には一緒にふざけながら、こんなに愛を持って戦っていけるチームは他にないと思います。
いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

ああ、なんか真面目になっちゃった。
だからさ、前回のツアーファイナルで絵音君が「後鳥さん、もうメンバーでいいんじゃない?」って言ったときにすごい嬉しかったよ。
色々考えちゃって「まあ、後で」感じになっちゃったけど。

その後、特にそれに関しては何も突き詰めて話してなかったんだけど。
シングルのリリースが決まった時に、どこかのライブハウスの狭い楽屋にメンバーで居るときに、「ねえ、俺さ。次のリリースの時にさ。入っていい?」って聞いて。
絵音君が「いいすよ。」って答えて。
2014/8/10に正式にindigo la Endのメンバーになりました。

indigo la End は絵音君が「僕の人生をかけて守ると決めたバンド」って言ってたけど、僕も同じ気持ちです。多分、他の二人も。
みんなありがとう。
お前らとみんなのおかげで毎日音楽楽しいよ。
これからもよろしくね。

書きたいこと、思ったこと、思ってたこと全部書いたから恥ずかしいなこれ。
そして、やっぱ長いな。

ということで、9/24発売のシングル「瞳に映らない」をよろしくお願いします。
実質、僕にとってはこのリリースがメジャーデビューです。
そんなのあんまり関係ないんだけど嬉しいし、本当に気持ちのいい作品ができたので届いてほしいなと思います。

では、ブログはまた気が向いたら。
ああ、恥ずかしい恥ずかしい。
2014/08/19(Tue) 16:02:55
2014年からindigo la Endでサポートとしてベースを弾かさせて頂くことになりました。 色々な縁でつながった様々な事によってまたステージで演奏できることに、そして、メンバーに、感謝してます。 皆様どうぞごひいきに。

ブログもたまに書けたらいいな。
2014/01/01(Wed) 00:19:57
前のページ   HOME  
忍者ブログ [PR]

Designed by A.com
  1. 無料アクセス解析